昼夜逆転克服術

意外と知らない昼夜逆転の原因

昼夜逆転克服術
昼夜逆転の原因とは

昼夜逆転の原因とは

昼夜逆転生活になってしまうのは、様々な要因が考えられます。人間の身体は太陽のリズムに同調するといわれています。昔の人は夜になり暗くなったら自然と眠り、朝、太陽がのぼると目が覚めるという自然のリズムで生活していましたが、現代は夜も電気がついていて明るく、さらにPCやテレビ、スマホなどの光も見てしまいます。これも睡眠を妨げる原因のひとつです。さらに食生活も睡眠に影響します。又、夜勤などのシフト勤務で働いている人は特にリズムが狂いやすいため、睡眠不足などに悩まされることが多いでしょう。

太陽のリズムに同調する人体

太陽のリズムに同調する人体

人間の体は太陽のリズムに支配されています。昼夜逆転の生活を送っている人の中にはそれなりに起床時間と就寝時間が決まっていて規則正しい生活を送っている人もいると思います。しかしそれでも体にはダメージが蓄積されてしまいます。その理由は内臓の温度のリズムも太陽のリズムに同調しているからです。内臓の温度が高くなる日中は活動がしやすく、低くなる夜には眠くなるように体ができています。睡眠のリズムを変化させても内臓の温度のリズムは変化させる事ができないため、昼夜逆転の生活を送ると体にダメージが残るのです。

詳細を見る
シフト勤務による時差ぼけ状態

シフト勤務による時差ぼけ状態

24時間営業のお店が増えていて、利用をしている人も多いと思います。しかし24時間営業の職場が増えるという事は、夜間勤務をする人も増えるという事になります。本来は眠る時間に働く事で時差ぼけ状態になり体に悪影響が出ると言われています。さらに症状が悪化して睡眠障害になる事もあります。このように夜勤をする事で睡眠障害になる事を「交代勤務性睡眠障害」と呼びます。ローテーションの組み方によっても体への負担が変わりますので注意が必要です。

詳細を見る
炭水化物過多とタンパク質不足

炭水化物過多とタンパク質不足

良質の睡眠をとるためには睡眠ホルモンであるメラトニンが必要になります。メラトニンはトリプトファンを材料にして生成されます。しかし、いい加減な食生活を送り炭水化物中心の生活を送っているとタンパク質が不足気味になります。トリプトファンは必須アミノ酸ですのでタンパク質の摂取を怠るとメラトニンを作ることが出来なくなります。また食事の量や食事をとる時間も睡眠の質に大きな影響を与えます。このように食生活をいい加減にする事で睡眠障害になる可能性がありますので注意が必要です。

詳細を見る

睡眠不足に悩む女性へ

  • ホルモンバランスの乱れ
    ホルモンバランスの乱れ

    昼夜逆転の生活を送ると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。メラトニンやセロトニンという女性ホルモンのバランスを取る物質は日の光に浴びる事が生成の条件になるからです。メラトニンが少なくなるとエストロゲンという女性ホルモンが過剰に作られて様々な症状を引き起こします。老化現象を進めたり婦人病を引き起こしたりするようになるのです。セロトニンが欠乏すると月経前症候群の症状に悪影響が出るという研究結果もあります。このように女性が昼夜逆転の生活を送る事は、リスクが高いという事が分かります。

    >続きを読む

  • 炭水化物過多とタンパク質不足
    炭水化物過多とタンパク質不足

    仕事などで忙しくなると時間を節約するために、まず食事をいい加減に済ませてしまうという人もいるでしょう。しかし食事は睡眠の質に深い影響を与えます。深い良質な眠りをするためにはメラトニンという睡眠ホルモンが必要になります。しかし炭水化物中心の食生活を送っているとメラトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸が不足してしまいます。そのためメラトニンが生成できずに深い睡眠をとる事ができなくなり、不眠症になってしまう事もあります。

    >続きを読む

  • 朝食で副交感神経を活性化
    朝食で副交感神経を活性化

    昼夜逆転の生活を送っている人は自律神経が乱れている可能性があります。昼に活発に活動するためには交感神経が優位になっている事が必要で、夜睡眠をする時には副交感神経が優位になっている事が必要です。しかし夜になっても交感神経が優位になっているために眠れずに朝まで起きてしまう人がいます。副交感神経を優位にするための方法の1つとして「朝食を楽しく食べる」という方法があります。楽しんで食べるとより副交感神経が活性化して夜眠りやすくなりますので試してみてください。

    >続きを読む

  • ウォーキングで気分転換
    ウォーキングで気分転換

    軽く歩き出す事で、頭の中のモヤモヤが消え去り気持ちが楽になります。家にいると過去の嫌な記憶などをいじくりまわしたり、将来のありもしない不安に頭が支配されてしまいがちです。そんな時はシューズを履いて歩きだしましょう。歩く時のコツは難しい事を考えない事、もっといえば何も考えない事です。呼吸を感じたり、足裏の感触を感じたり、周囲の風景に意識を向けて歩きましょう。血行が良くなり気持ちの良い疲れが残る事で気分が良くなるだけでなく、夜に眠りやすくなるでしょう。

    >続きを読む