昼夜逆転克服術

克服!昼夜逆転生活から脱出しよう

昼夜逆転克服術
昼夜逆転生活を克服しよう

昼夜逆転生活を克服しよう

昼夜逆転の原因と悪影響がわかったところで、克服するための具体的な方法を紹介します。昼夜逆転を克服するには朝の太陽を味方につけるのがポイント!朝は太陽の光を浴びて朝食をしっかり食べるようにしましょう。朝食を食べると副交感神経が活性化されて身体が行動モードに入ります。強制的に朝から活動する方法として早朝アルバイトを始めるという手もあります。ウォーキングなどで適度に身体を動かして、短時間でも質の高い睡眠をとるように心がけましょう。

朝食で副交感神経を活性化

朝食で副交感神経を活性化

現代人は仕事などのストレスが多いため交感神経が優位になっている人が多いでしょう。交感神経が優位になりすぎて副交感神経が働かなくなるときちんとした睡眠をする事が難しくなります。そのため夜になっても眠くならずに夜更かしをして、徐々に生活リズムが乱れてしまいます。そのような状況を脱するために朝食をきちんと取る事をおすすめします。食事をすると副交感神経が優位になりますので一日の初めに副交感神経を活性化させる事で自律神経が整いやすくなるからです。

詳細を見る
早朝バイトで朝から活動

早朝バイトで朝から活動

昼夜逆転の生活を元に戻すためには、早寝早起きの生活リズムを強引にでも再開する必要があります。眠る事は自分でコントロールするのが難しいですが起きる事なら自分の意思次第で出来るはずです。まずは早起きをする事を目標にしましょう。早起きをして朝から活動する事で、夜は自然に眠れるようになり生活リズムは整います。早起きをしたらまず何をするか活動内容をあらかじめ決めておくとよいでしょう。早朝バイトは早起きのモチベーションになりお金も稼げるのでおすすめです。

詳細を見る
ウォーキングで気分転換

ウォーキングで気分転換

頭の中が嫌な事でいっぱいになる時があります。そんな時は考えるのをいったんやめるためにも外に出て歩きはじめましょう。歩く時は難しい事を考えず、気楽に気負わず歩く事が大切です。徐々に気分が楽になり、体もポカポカしてきてリラックスしてくるのを感じると思います。行けるところまで気分よく歩いて疲れたら帰りましょう。また周回コースを歩くのが嫌な場合は行ける場所まで歩いてバスなどの公共機関で帰ってくるといいでしょう。

詳細を見る
睡眠の質を向上

睡眠の質を向上

睡眠の質を上げる事で昼夜逆転の生活を克服する事ができます。短時間でもしっかり眠れるようになれば早い時間から活動する事が可能になります。そしてその事が好循環を生み、そのうちに夜になると自然に眠くなるようになるはずです。眠る予定時間の3時間くらい前から部屋の電気を暗くする、刺激的な情報を入れない、リラックスする音楽を流すなどの準備をしましょう。眠る時間は22時から2時のゴールデンタイムを含むようにしましょう。そして朝には太陽の光を浴びて体内時計をリセットするようにしましょう。

詳細を見る

睡眠不足に悩む女性へ

  • ホルモンバランスの乱れ
    ホルモンバランスの乱れ

    昼夜逆転の生活を送ると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。メラトニンやセロトニンという女性ホルモンのバランスを取る物質は日の光に浴びる事が生成の条件になるからです。メラトニンが少なくなるとエストロゲンという女性ホルモンが過剰に作られて様々な症状を引き起こします。老化現象を進めたり婦人病を引き起こしたりするようになるのです。セロトニンが欠乏すると月経前症候群の症状に悪影響が出るという研究結果もあります。このように女性が昼夜逆転の生活を送る事は、リスクが高いという事が分かります。

    >続きを読む

  • 炭水化物過多とタンパク質不足
    炭水化物過多とタンパク質不足

    仕事などで忙しくなると時間を節約するために、まず食事をいい加減に済ませてしまうという人もいるでしょう。しかし食事は睡眠の質に深い影響を与えます。深い良質な眠りをするためにはメラトニンという睡眠ホルモンが必要になります。しかし炭水化物中心の食生活を送っているとメラトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸が不足してしまいます。そのためメラトニンが生成できずに深い睡眠をとる事ができなくなり、不眠症になってしまう事もあります。

    >続きを読む

  • 朝食で副交感神経を活性化
    朝食で副交感神経を活性化

    昼夜逆転の生活を送っている人は自律神経が乱れている可能性があります。昼に活発に活動するためには交感神経が優位になっている事が必要で、夜睡眠をする時には副交感神経が優位になっている事が必要です。しかし夜になっても交感神経が優位になっているために眠れずに朝まで起きてしまう人がいます。副交感神経を優位にするための方法の1つとして「朝食を楽しく食べる」という方法があります。楽しんで食べるとより副交感神経が活性化して夜眠りやすくなりますので試してみてください。

    >続きを読む

  • ウォーキングで気分転換
    ウォーキングで気分転換

    軽く歩き出す事で、頭の中のモヤモヤが消え去り気持ちが楽になります。家にいると過去の嫌な記憶などをいじくりまわしたり、将来のありもしない不安に頭が支配されてしまいがちです。そんな時はシューズを履いて歩きだしましょう。歩く時のコツは難しい事を考えない事、もっといえば何も考えない事です。呼吸を感じたり、足裏の感触を感じたり、周囲の風景に意識を向けて歩きましょう。血行が良くなり気持ちの良い疲れが残る事で気分が良くなるだけでなく、夜に眠りやすくなるでしょう。

    >続きを読む