昼夜逆転克服術

昼夜逆転生活を克服するには朝食を食べること

昼夜逆転克服術

朝食で副交感神経を活性化

昼夜逆転生活になってしまうと、なかなかそこから抜け出す事ができません。生活リズムを正常に戻すためには単純に生活時間帯を普通に戻すだけでなく、交感神経と副交感神経のリズムを整える必要もあります。そもそも昼夜逆転生活になってしまった原因のひとつに交感神経と副交感神経のバランスの崩れがあったかもしれないからです。夜になっても交感神経が出続けている人は副交感神経が優位になるように生活の工夫が必要です。

交感神経が優位になりがちな現代人

人間は仕事をしたり、危機に陥っている時などには「交感神経」が優位に働いています。交感神経を優位にする事で、何が起きても反応しやすいように神経が過敏になります。例えば狩猟時代の人間は、オオカミなどに襲われそうになった時に交感神経を優位にさせて危機を乗り越えました。現代は仕事の締め切りが近くなった時やノルマの達成が厳しくなった時などに交感神経を優位にさせて仕事の危機を乗り越えるようになっています。
つまりストレスがかかると交感神経が優位になります。しかし交感神経がいつも優位な状態ですと心臓の鼓動も早くなり、いつもターボをかけて車を運転しているような状態になるため体に負担が大きくなります。そこで副交感神経を優位にさせる時間を多く作り体と心を休ませる事が現代人には必要になっています。

朝食を食べて副交感神経を優位に

副交感神経を優位にするとリラックスして体も心も休める事ができます。良質な睡眠をとるためにも副交感神経を優位にしておく事が重要になります。昼夜逆転の生活をしている人は交感神経が夜でも優位なので、眠りにつく事ができない場合があります。正常な睡眠リズムを取り戻すためには夜にはきちんと副交感神経を優位にする必要があります。
しかし副交感神経や交感神経は自律神経ですので、自分の意志によって動かす事はできません。そこで副交感神経を優位にするためには工夫が必要になります。そしてその方法の1つとして「朝食を食べる事」があります。食事をしている途中は副交感神経が優位になります。朝食をきちんと取る事で副交感神経が活性化して、体や心がリラックスします。交感神経優位な状況が収まりはじめ、夜に過剰に交感神経が活性化する事もなくなっていきます。

「CAFY」を参考にして楽しい朝食を

食事をする事で副交感神経を活性化させ、夜に交感神経が優位にならないように自律神経を整えます。特に一日の初めの朝食をきちんとする事が大切です。そして食事をしている時にさらに副交感神経を優位にするコツがあります。それは「朝食を楽しむ」事です。楽しいと感じている時も副交感神経が優位になるからです。そこで「CAFY」というサイトを紹介します。

「CAFY」は、カフェで食事をしているような食生活を送りたい人のために、たくさんのレシピや調理器具やおすすめのレストランやカフェの情報などを掲載しているサイトです。

カフィのレシピはここから

カフィ

朝食のレシピを集めたページももちろんありますので参考にしみてください。

朝食で副交感神経を活性化

睡眠不足に悩む女性へ

  • ホルモンバランスの乱れ
    ホルモンバランスの乱れ

    昼夜逆転の生活を送ると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。メラトニンやセロトニンという女性ホルモンのバランスを取る物質は日の光に浴びる事が生成の条件になるからです。メラトニンが少なくなるとエストロゲンという女性ホルモンが過剰に作られて様々な症状を引き起こします。老化現象を進めたり婦人病を引き起こしたりするようになるのです。セロトニンが欠乏すると月経前症候群の症状に悪影響が出るという研究結果もあります。このように女性が昼夜逆転の生活を送る事は、リスクが高いという事が分かります。

    >続きを読む

  • 炭水化物過多とタンパク質不足
    炭水化物過多とタンパク質不足

    仕事などで忙しくなると時間を節約するために、まず食事をいい加減に済ませてしまうという人もいるでしょう。しかし食事は睡眠の質に深い影響を与えます。深い良質な眠りをするためにはメラトニンという睡眠ホルモンが必要になります。しかし炭水化物中心の食生活を送っているとメラトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸が不足してしまいます。そのためメラトニンが生成できずに深い睡眠をとる事ができなくなり、不眠症になってしまう事もあります。

    >続きを読む

  • 朝食で副交感神経を活性化
    朝食で副交感神経を活性化

    昼夜逆転の生活を送っている人は自律神経が乱れている可能性があります。昼に活発に活動するためには交感神経が優位になっている事が必要で、夜睡眠をする時には副交感神経が優位になっている事が必要です。しかし夜になっても交感神経が優位になっているために眠れずに朝まで起きてしまう人がいます。副交感神経を優位にするための方法の1つとして「朝食を楽しく食べる」という方法があります。楽しんで食べるとより副交感神経が活性化して夜眠りやすくなりますので試してみてください。

    >続きを読む

  • ウォーキングで気分転換
    ウォーキングで気分転換

    軽く歩き出す事で、頭の中のモヤモヤが消え去り気持ちが楽になります。家にいると過去の嫌な記憶などをいじくりまわしたり、将来のありもしない不安に頭が支配されてしまいがちです。そんな時はシューズを履いて歩きだしましょう。歩く時のコツは難しい事を考えない事、もっといえば何も考えない事です。呼吸を感じたり、足裏の感触を感じたり、周囲の風景に意識を向けて歩きましょう。血行が良くなり気持ちの良い疲れが残る事で気分が良くなるだけでなく、夜に眠りやすくなるでしょう。

    >続きを読む