昼夜逆転克服術

昼夜逆転生活を克服するには早朝バイトも効果的

昼夜逆転克服術

早朝バイトで朝から活動

昼夜逆転状態から生活リズムを元に戻すためには、強引にでも早起きする必要があります。夜遅くまで起きていると朝起きるのは非常につらいです。しかし起きる事は眠る事よりも簡単です。なぜなら起きる事は意思の力で可能だからです。まずは早朝から活動する事を第一に考えましょう。せっかく朝早く起きるならバイトをしてお金を稼ぐのもおすすめです。

まず早起きをする事から

生活リズムを早寝早起きにすると決めたら、まず早起きをする事を心がけるようにしましょう。なぜなら眠りにつく事は自分の意志では不可能です。むしろ眠ろう眠ろうと思う事が睡眠を遠ざけてしまいます。しかし朝、早起きをする事は自分の意思次第でなんとでもなります。目覚ましをセットして辛いとは思いますが朝起きて活動をするようにします。そのうちに体が朝早くに起きる事になれていき、自然と夜眠くなるようになっていきます。朝早起きするためには起きた後に何かする事を決めておくといいと思います。
例えばラジオ体操をしてみたり、ウォーキングをしてみたり、ランニングをしてみたり体を動かす事をおすすめします。またもしも働いていない人でしたら、早朝のバイトを入れるというのもおすすめの方法です。早起きする動機にもなりますし、お金も稼げますし一石二鳥だからです。

「バイトーク」で早朝バイトを探す

早朝のバイトを探すためにはバイト求人サイトを利用するのが便利です。その中から「バイトーク」を利用する事をおすすめします。

バイトークはバイト先の職場の情報を詳細に知る事ができるというメリットがあります。

バイトークの求人はここから

バイトーク

「先輩の声」ではバイトークを通じて職場で働き始めた先輩が職場の雰囲気を口コミで伝えてくれています。バイトークではバイトが決まるとお祝い金が最大3万円受け取る事が出来るのですが、これは先輩の声に口コミを書く事に対する謝礼金として支払われています。仕事を探す人にとっても、仕事が決まった人にとっても美味しいシステムです。

「マイベストジョブ」で早朝バイトを探す

次に紹介するバイト求人サイトが「マイベストジョブ」です。

マイベストジョブでもバイトが決まると採用お祝い金が最大2万5千円もらえます。

マイベストジョブの求人はここから

マイベストジョブ

サイト内には「はじめてのバイト完全マニュアル」として応募電話の掛け方や履歴書の書き方、面接の受け方などの情報を掲載しているページがあり参考になりますよ。また、バイトに対する疑問の答えが分かるという「仕事コラム」「企業インタビュー」「はたらくあれこれ」というコーナーもありますのでバイトを探すときに参考にしてください。

基本は早寝早起きにある

健康的な生活を送るためには太陽のリズムに同調する事が一番です。それはつまり早寝早起きの生活を送るという事になります。太陽が昇るころに目をさまし、夜は早めに就寝するというリズムを作る事で、自然と朝には目が覚めて夜は眠くなるようになります。昼夜逆転してしまった人でも、これからの努力次第で生活リズムを元に戻す事が可能です。そして早寝早起きのリズムが身についてしまえさえすれば、今後は全く努力する必要がなく健康的に生活を送る事ができるのです。

早朝バイトで朝から活動

睡眠不足に悩む女性へ

  • ホルモンバランスの乱れ
    ホルモンバランスの乱れ

    昼夜逆転の生活を送ると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。メラトニンやセロトニンという女性ホルモンのバランスを取る物質は日の光に浴びる事が生成の条件になるからです。メラトニンが少なくなるとエストロゲンという女性ホルモンが過剰に作られて様々な症状を引き起こします。老化現象を進めたり婦人病を引き起こしたりするようになるのです。セロトニンが欠乏すると月経前症候群の症状に悪影響が出るという研究結果もあります。このように女性が昼夜逆転の生活を送る事は、リスクが高いという事が分かります。

    >続きを読む

  • 炭水化物過多とタンパク質不足
    炭水化物過多とタンパク質不足

    仕事などで忙しくなると時間を節約するために、まず食事をいい加減に済ませてしまうという人もいるでしょう。しかし食事は睡眠の質に深い影響を与えます。深い良質な眠りをするためにはメラトニンという睡眠ホルモンが必要になります。しかし炭水化物中心の食生活を送っているとメラトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸が不足してしまいます。そのためメラトニンが生成できずに深い睡眠をとる事ができなくなり、不眠症になってしまう事もあります。

    >続きを読む

  • 朝食で副交感神経を活性化
    朝食で副交感神経を活性化

    昼夜逆転の生活を送っている人は自律神経が乱れている可能性があります。昼に活発に活動するためには交感神経が優位になっている事が必要で、夜睡眠をする時には副交感神経が優位になっている事が必要です。しかし夜になっても交感神経が優位になっているために眠れずに朝まで起きてしまう人がいます。副交感神経を優位にするための方法の1つとして「朝食を楽しく食べる」という方法があります。楽しんで食べるとより副交感神経が活性化して夜眠りやすくなりますので試してみてください。

    >続きを読む

  • ウォーキングで気分転換
    ウォーキングで気分転換

    軽く歩き出す事で、頭の中のモヤモヤが消え去り気持ちが楽になります。家にいると過去の嫌な記憶などをいじくりまわしたり、将来のありもしない不安に頭が支配されてしまいがちです。そんな時はシューズを履いて歩きだしましょう。歩く時のコツは難しい事を考えない事、もっといえば何も考えない事です。呼吸を感じたり、足裏の感触を感じたり、周囲の風景に意識を向けて歩きましょう。血行が良くなり気持ちの良い疲れが残る事で気分が良くなるだけでなく、夜に眠りやすくなるでしょう。

    >続きを読む