昼夜逆転克服術

昼夜逆転生活を克服するにはウォーキングで気分転換

昼夜逆転克服術

ウォーキングで気分転換

昼夜逆転の生活を送ったために少し元気がなくなってしまった人、またはストレスが多い生活のためにイライラしがちな人は簡単な方法で気分転換をするといいでしょう。毎日無理なく出来る軽い運動がおすすめですが、軽く歩くだけでも気分転換になります。コツは考えすぎない事です。周囲の景色を眺めたりしながら気負わず歩きましょう。

歩くと気持ちがすっきりする

ひこもりがちの生活を送っている人、また毎日強いストレスを感じて生きている人は頭の中がごちゃごちゃして、気持ちがモヤモヤしているのではないでしょうか。そう感じたときは歩いてみましょう。場所を選ばず、近所から徐々に足をのばしてみましょう。そうすると数分で気持ちがすっきりしてくるはずです。身体を動かすと血行がよくなり体調がよくなっていきます。身体と心はつながっていますので、体調が良くなると気分も良くなるのです。また歩きながら変化していく風景を見る事で新鮮な気持ちになり、頭の中で再生される過去の嫌な記憶や気分から一旦離れる事ができますので心が解放されていきます。

歩く時のコツ

気分を良くするために歩く時のコツは、難しい事を考えないという事です。何か嫌な事が頭に浮かんで来たら、それをその場に置いてまた先に進むように受け流しながら歩きましょう。
心を無にするのが一番ですが、そのためには一歩一歩足を動かす事に集中したり、周囲の草花などに意識を向けるのも効果的な方法です。歩きながら瞑想をするような気分で歩きましょう。呼吸に意識を向けるのも心をリフレッシュするために効果的です。吸って、吐いてと自分の呼吸を意識していくうちに、モヤモヤした考えなどが消えていくでしょう。
また運動のための散歩ではないので、あまり目標を持って歩かないようにしましょう。絶対毎日5km歩こうとか目標を決めてしまうと義務のようになり、嫌な気持ちになるかもしれないからです。気の向くまま歩けるだけ歩きましょう。もちろん「今日は○○まで歩いてみよう」という感じで楽しむための目標を持って歩くのはいいと思います。そして疲れたなと思ったら切り上げるようにしましょう。遠くまで歩いてしまった時は帰りはバスなどの公共機関を使うのがおすすめです。

ナイキで歩くための靴を買おう

どうせ歩くなら格好よく足元を決めたい、しかも機能性も充実していたら足を痛めずに済むので一石二鳥です。アメリカのスポーツブランド「ナイキ」のシューズでウォーキングデビューしてみましょう。

ナイキのシューズは、焼き菓子のワッフルのような形の「ワッフルソール」や衝撃吸収のためにミッドソールに組み込まれたエアバッグ「AIR(エア)」などの独自の機能が印象的です。

ナイキのシューズはここから

ナイキ

カラフルでたくさんのラインナップがあるので女性にも大変人気があるブランドです。

アディダスで歩くための靴を買おう

ドイツのスポーツメーカー「アディダス」のシューズもおすすめです。

アディダスといえば三本線のパフォーマンスロゴが有名なブランドです。

アディダスのシューズはここから

アディダス

またタウンシューズなどには懐かしい月桂冠をモチーフにした三つ葉のマークトレフォイルロゴが使用されている事もあります。アディダスは季節ごとに新作が出る時に以前の形のシューズが安く売られる事がありますのでチェックしてよいタイミングで買いましょう。

ウォーキングで気分転換

睡眠不足に悩む女性へ

  • ホルモンバランスの乱れ
    ホルモンバランスの乱れ

    昼夜逆転の生活を送ると女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。メラトニンやセロトニンという女性ホルモンのバランスを取る物質は日の光に浴びる事が生成の条件になるからです。メラトニンが少なくなるとエストロゲンという女性ホルモンが過剰に作られて様々な症状を引き起こします。老化現象を進めたり婦人病を引き起こしたりするようになるのです。セロトニンが欠乏すると月経前症候群の症状に悪影響が出るという研究結果もあります。このように女性が昼夜逆転の生活を送る事は、リスクが高いという事が分かります。

    >続きを読む

  • 炭水化物過多とタンパク質不足
    炭水化物過多とタンパク質不足

    仕事などで忙しくなると時間を節約するために、まず食事をいい加減に済ませてしまうという人もいるでしょう。しかし食事は睡眠の質に深い影響を与えます。深い良質な眠りをするためにはメラトニンという睡眠ホルモンが必要になります。しかし炭水化物中心の食生活を送っているとメラトニンの材料であるトリプトファンという必須アミノ酸が不足してしまいます。そのためメラトニンが生成できずに深い睡眠をとる事ができなくなり、不眠症になってしまう事もあります。

    >続きを読む

  • 朝食で副交感神経を活性化
    朝食で副交感神経を活性化

    昼夜逆転の生活を送っている人は自律神経が乱れている可能性があります。昼に活発に活動するためには交感神経が優位になっている事が必要で、夜睡眠をする時には副交感神経が優位になっている事が必要です。しかし夜になっても交感神経が優位になっているために眠れずに朝まで起きてしまう人がいます。副交感神経を優位にするための方法の1つとして「朝食を楽しく食べる」という方法があります。楽しんで食べるとより副交感神経が活性化して夜眠りやすくなりますので試してみてください。

    >続きを読む

  • ウォーキングで気分転換
    ウォーキングで気分転換

    軽く歩き出す事で、頭の中のモヤモヤが消え去り気持ちが楽になります。家にいると過去の嫌な記憶などをいじくりまわしたり、将来のありもしない不安に頭が支配されてしまいがちです。そんな時はシューズを履いて歩きだしましょう。歩く時のコツは難しい事を考えない事、もっといえば何も考えない事です。呼吸を感じたり、足裏の感触を感じたり、周囲の風景に意識を向けて歩きましょう。血行が良くなり気持ちの良い疲れが残る事で気分が良くなるだけでなく、夜に眠りやすくなるでしょう。

    >続きを読む